遠隔操作システム

遠隔操作システムで現場の様々な業務改善を実現します

当社の遠隔操作システムは、水処理設備のメンテナンス作業の安全性と効率性を向上させるために開発しました。
現場の危険リスクを軽減し、経験豊富な技術者が遠隔操作で指示を出すことで、若手技術者の育成や技術伝承を促進します。
また、時間や場所に制約されないため、迅速な作業が可能であり、人手不足や作業遅延を防ぐことができます。
このように、これまで問題とされてきた水処理設備においての多くの問題を解決することができます。
解決

リソース問題の解決

高い現場経験を持つ人材が全体を管理できるため、現場ごとへの人員配置のリスクやコストを改善できる。
解決

現場作業に伴う危険リスクの解決

排水処理の管理には危険が伴います。システムによる操作で、直接人の手で作業を行うことを減らし、危険リスクを減らします。
解決

過酷な就労状況の解決

昼夜問わず監視の必要な排水処理のメンテナンスを、システムによる監視と遠隔操作で無理なく行うことができます。
解決

作業員の高齢化・技術伝承の解決

システムによる管理により、属人的な業務を減らし、誰でも適切に業務を引き継げる状態になります。

機能と特徴

リアルタイムモニタリング機能

リアルタイムモニタリング機能

24時間遠隔地から現場の状況をリアルタイムで監視することができます。
センサーなどを設置し、それらから得られる情報を遠隔地にあるモニター画面に表示することができ、現場の状況をどこでも把握することができます。また音声通信やチャット機能も備えているため、現場作業員と直接コミュニケーションを取りながら作業指示を出すことが可能です。

操作ログ記録機能

遠隔地から行われた操作の履歴が記録されます。
このログには、誰がいつどのような操作を行ったかなどの情報が含まれます。また、ログは時間軸で表示されるため、過去の操作履歴を確認することもできます。
遠隔地からの操作履歴を正確に記録し、必要に応じて確認することができるため、遠隔地からの操作が正しく行われているかどうかを確認することができ作業品質やセキュリティ向上につながります。

操作ログ記録機能
各種デバイスからの操作機能

各種デバイスからの操作機能

専用アプリケーションをインストールしたタブレット端末やスマートフォンから、遠隔操作システムにログインすることができます。
遠隔地からでも現場の状況を把握し、迅速かつ正確な指示を出すことができます。遠隔地からでも現場の状況を把握し、作業指示を出すことができるため、作業効率の向上や作業員の安全性向上につながります。

オプション機能

防犯カメラ

24時間365日の監視で、現場の状況をリアルタイムで把握することができます。不審な動きや異常状態があった場合にすぐに対応できるので、トラブルを早期に検知し、対応することが可能です。 監視員を常駐させる必要がなくなり、人件費を大幅に削減できます。
また、データとして残るために問題が生じた際の証拠として利用でき、事故調査や品質保証のための重要なツールとなります。

防犯カメラ
水処理専門家による対応

水処理専門家による対応

当社では、専門的な知識と経験を持った水処理の専門家を提供するアウトソーシングサービスもご用意しています。
当社の専門家は、水処理に関する深い知識と経験を有しています。遠隔操作システムのデータ解析、問題の特定と解決策の提案、必要な改善策の推進など、あらゆる課題に対応します。
緊急時の対応から日々の運用まで、私たちはあなたのパートナーとして全力でサポートします。

MENU