水処理レンタル

信頼と実績のある液中膜を
関連機器とパッケージ化!

お客様の排水処理施設を迅速にバックアップ

水処理設備

急に必要になった水処理設備は
レンタルで乗り切れる!

水処理設備は導入コストが高く、気軽に導入できるものではありません。
しかし、業務の中で必ず必要になるものでもあります。
緊急時や、一時的な設備の補完用に水処理レンタルのサービスをご利用ください。

アイコン

季節変動などによるピーク水量時の既存設備の補完用

工場での生産量は季節や市場の需要によって大きく変動することがあります。
需要の変動に伴い、工場から排出される排水量も増大するため、ピーク水量時には既存の水処理施設だけでは処理能力が足りなくなる可能性があります。
ピーク時に合わせた設備投資は現実的ではありません。短期間だけ追加の処理能力が必要な場合、設備を購入するよりも経済的なレンタル設備をご利用ください。
コストを最低限に抑えて、生産率の効率化を実現します。

アイコン

既存設備トラブル時の
緊急対策用

工場の水処理設備は高度に特化したシステムであり、そのトラブルは生産活動に大きな影響を及ぼす可能性があります。
常時稼働する必要のある水処理ですが、その中でもトラブルの対応やメンテナンスで一時的に使えなくなることがあります。
万が一のこのような緊急事態となった場合でも、迅速にレンタル設備を導入することで、リスクを最低限に抑えてトラブルにおけるコストを軽減できます。

水処理設備イメージ 水処理設備イメージ 水処理設備イメージ 水処理設備イメージ

レンタル機ラインナップ

レンタル機図解
No. 商材 型式 能力 膜枚数 設置寸法(膜水槽のみ) 保有台数
(m3/日 at20℃) (枚) L W H (台)
1 膜分離装置 1型 40~60 250 1,200 1,200 4,500 1
2型 40~60 250 1,200 1,800 4,500 5
※標準付属品:処理水ポンプ(1台)、汚泥循環ポンプ(1台)、制御盤(遠隔監視付)、流量計、風量計、膜圧式水位計
※特別付属品:膜分離ブロアー、膜分離槽側汚泥循環ポンプ、膜洗浄用設備、薬注装置
※レイアウト変更、設置方法につきましては別途ご相談ください。

導入までの流れ

Step
1

お問い合わせ受付

弊社メール又はお電話にてお問い合わせいただきます。​
お問い合わせ内容を確認後、弊社スタッフよりご連絡いたします。

矢印
Step
2

打ち合わせ

弊社からご連絡させていただき、ご希望内容をお伺いいたします。​
ご希望内容に応じて現地調査の日程を調整させていただきます。​​

矢印
Step
3

現地調査

現地調査では、主にレンタル機の設置スペースと仮設工事の方法について確認いたします。​
また、必要に応じて正常に膜処理を行うための方法についてもレクチャーいたします。​

矢印
Step
4

仮設工事

工事はレッカー作業となりますため重機作業となります。​
レンタル機を設置する場所が動線等の場合は、休日作業も可能です。​
なお、設置する場所の地盤に対する対策、及びレンタル機の電源工事はお客様で準備をお願いいたします。​

矢印
Step
5

試運転

工事完了後、A/Oチェック、漏水確認、制御確認を行います。
全ての確認が取れましたら実負荷運転を開始し、運転説明をさせていただきます。​
なお、運転説明は弊社マニュアルを用いて行いますので、特別仕様となる場合は別途ご相談となります。​

矢印
Step
6

アフターフォロー

メンテナンスのご契約をいただけますと、遠隔監視にて運転サポートをさせていただきます。​
ご要望に応じて、定期的な保守メンテナンスも可能です。​

安心の一貫体制

導入の設計からご提案、
運用後の保守管理まで一貫体制

本システムは、お客様が安心して設備を導入していただくために
必要な設備の設計監修から選定、それに伴う設置工事(仮設可)、導入後の保守管理に至るまで、
当社ヘ一括して委託していただけるシステムです。

工事費込み
メンテナンス
込み
性能保証
遠隔管理

導入事例

膜分離槽と曝気槽

膜分離槽×1槽
曝気槽×5槽​

鳥インフルエンザ発生時の埋却処分で発生した濃厚浸出排液の暫定処理。

期間1年3ヶ月

膜ユニット×4台(水槽なし)​​ 膜ユニット×4台(水槽なし)​​

膜ユニット×4台(水槽なし)​​

農業集落排水の処理水質及び水量の改善。

期間レンタル中(平成25年3月~)

膜分離槽×2槽 曝気槽×1槽 流量調整槽×2槽​​ 膜分離槽×2槽 曝気槽×1槽 流量調整槽×2槽​​

膜分離槽×2槽
曝気槽×1槽
流量調整槽×2槽​

排水処理場の補修工事期間中の仮設。

期間5ヶ月

MENU